学生がお金を借りることは可能?

学生といえば本来は学業が本分ですから、お金はそんなに必要ないと思われるかもしれませんが、実際には生活費や交際費など色々とお金が入用なのが現実です。

何とかお金を工面しようと必死にアルバイトをしている学生さんも少なくありませんが、勉強との両立に苦労している人も多いのではないでしょうか。

そこでご紹介したいのが学生でも借りられるカードローンです。
ローンは社会人だけしか利用できないと思われがちですが、学生でも借りれるローンもあります。
ただし条件を満たしている場合のみ、申込み可能です。

<学生の借入条件とは?>
・20歳以上であること
・安定収入があること

以上がカードローンに申込みする際の条件となっています。
大学や短大、専門学校などに通う学生でも、20歳に満たない人は利用できませんので注意が必要です。
カードローンは借金のひとつですから、きちんと返済を行う義務が生じます。
社会的信用という面からみても、成人していることが必須条件ということになります。

年齢条件を満たすとともに、アルバイトをしていて定期的な収入が見込める人でないと借入れできません。
バイトといっても不定期なものや単発で従事する仕事だと返済能力があるとは認められず、審査通過の可能性は低くなるので要注意です。

<学生が利用できるカードローンはどれ?>
上記の条件をクリアしていれば、消費者金融でも銀行カードローンでも申込可能です。

消費者金融は申込から融資までのスピードが速いことや、不安要素を相談しやすい体制が整っていることがメリットとなっています。

銀行カードローンは銀行母体で安心できる点が大きな魅力です。
また金利は消費者金融よりも低めに設定されており、利息の負担が少なくて済むこともポイントです。

<誰にもバレずに借りるのは可能?>
学生がお金を借りるのは少々勇気がいることです。
できれば親や家族、友人など周囲の人には内緒で借りたいという人がほとんどではないでしょうか。

カードローンでは以下のポイントをしっかり押さえておけば、親バレなしで借入できる可能性は高いです。

・申込みはインターネットや自動契約機を利用する
→ネット申込でもカードは自宅郵送ではなく自動契約機受取りにする

・本人確認や在籍確認の電話の注意点
→担当者はカードローン会社とは分からないよう配慮して個人名で電話をかけてくるので、万が一自宅やバイト先で電話口に出られなくてもバレる可能性は低いです。もし不安なら自分が確実に電話を取れる時間帯を事前に担当者に伝えておきましょう。

・明細書の自宅郵送は×
→自宅に送られてくる利用明細が家人の目に入ることでキャッシング利用を疑われる可能性もあります。明細はWEB確認するようにして郵送物をなくすようにしましょう。